ちくびの黒ずみを美容整形クリニックで治す

乳首の黒ずみで悩んでた女子が美白に挑戦!乳首が黒くて恥ずかしい…

ちくびの黒ずみを美容整形クリニックで治す

ちくびの黒ずみの原因はシミ・ソバカスと同じくメラニン色素の沈着が皮膚の中で発生することで起こります。メラニン色素がちくびに沈着する理由としては加齢や刺激といったものが考えられていますが、いずれにしても皮膚の代謝能力が低下したり、刺激などによって皮膚が防衛のためにメラニン色素を沈着させるといったことで発生します。また授乳期には、赤ちゃんに吸われても負けないように皮膚を強化するためにメラニン色素が沈着し黒ずみとなってしまいますが、授乳期が終われば元の色に戻るとされています。
いずれにしても、ちくびの黒ずみは、人の体質によって続くかどうかが決まります。このため、コンプレックスと感じている人も多く、シミ・ソバカスと同様に黒ずみを解消したい場所のひとつとなっています。
ちくびの黒ずみを治す方法としては、塗り薬があります。塗り薬で特に有効な成分がハイドロキノンと呼ばれるもので、いわゆる美白効果のある成分です。このハイドロキノンは、薬局やドラッグストアーなどで売られている美白作用を含んだ化粧品や医薬部外品に使われているもので、効果も実証されています。このため、美容整形クリニックなどで行われている、ちくびの黒ずみ治療でも広く使われています。
なお、以前は美容整形クリニックでは、レーザーを使った治療が行われていましたが、ちくびの細胞は非常にデリケートで、ややリスクがあるため現在では、ハイドロキノンによる塗り薬による治療が一般的です。美容整形クリニックで処方されるハイドロキノンを含んだ塗り薬の場合には、1日2回朝晩塗るだけでよく約1ヶ月ほどで効果が現れ、ピンク色になります。また2ヶ月後には確実な効果を実感できるといわれ、一度、ピンク色になった、ちくびは一定期間は黒ずみが発生しないメリットがあります。
このため、レーザー治療よりも安全かつ確実な治療法として広く使われており、価格も3万円程度から利用することができます。

乳首の黒ずみに効果抜群の美白クリームランキング!