ちくびの黒ずみの理由?ちくびの黒ずみの理由を知ってますか?

乳首の黒ずみ【告白】ワタシの乳首真っ黒でした。ピンク乳首になる方法

ちくびの黒ずみの理由について

女性はあらゆる体の悩みを抱えているもので、ちくびの黒ずみに悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。
場所が場所だけになかなか家族や友達にも相談しづらく、恥ずかしくて誰にも言えない方も意外と多いです。

 

この黒ずみには様々な理由があり、その一つが摩擦などによる刺激です。
衣類や下着でちくびがこすれて肌が刺激を受けてしまうと、刺激から守るという体の働きによって、メラニンが生成されてしまいそれが肌に色素沈着して黒ずんでしまいます。

 

出産後の母親が赤ちゃんに授乳を繰り返した後は、大きな刺激をうけますからそれで黒ずんでしまうのがこれに当てはまります。

 

また、メラニンは紫外線を浴びることでも生成されます。
夏の紫外線はとても強烈なので、薄着の洋服を通してバストまで紫外線が当たってしまって、メラニンが生成されて色紙沈着を起こしてしまいます。

 

そして、ホルモンバランスの崩れや加齢によっても起きてしまいます。
女性ホルモンのエストロゲンには、バストをふっくらと保ってくれたりちくびをピンクにする働きがあります。
しかし、ホルモンバランスが崩れてエストロゲンの分泌が低下してしまうと、黒ずみを起こしやすくなります。

 

加齢も大きく影響していて、年齢を重ねると肌がくすみやすくなってしまいます。
新陳代謝が衰えてしまうため古い角質がはがれにくくなり、角質が積み重なっていくことでちくびの色も濃くなってしまいます。

 

最近ではちくび用の美容液なども販売されているので、どうしても気になる方はそれらを使ってケアしていくのが良いでしょう。
シミと同様に原因はメラニンですので、それに働きかけてくれる美容成分が含まれています。

 

メラニンの生成を抑えてくれて、美白しながら保湿などもできるタイプのものが多く、肌をきれいにしながらちくびの黒ずみを改善していくことができます。
シミ対策と同様でやはり根気よく続けていくというのが重要です。
日々のこつこつとしたケアの積み重ねが大切なので、諦めずにケアを継続させましょう。

 

ちくびの黒ずみには理由がある

ちくびの黒ずみにコンプレックスを抱いている女性は、意外と多いのではないでしょうか。
ちくびの黒ずみにも理由があります。
まず、一つ目の理由が刺激によって黒ずんでいくという考え方です。これは人間のは皮膚が外部から摩擦や圧迫、炎症といった様々な刺激を受けると、メラノサイトでメラニン色素が生成され皮膚を守ろうとする肌の防衛反応が備わっているのですが、そのメラニン色素が過剰に作られることで表皮に蓄積されてしまい黒ずんで見えるのです。
また二つ目の理由として加齢により黒ずんでいくという考え方もあります。これは加齢によって肌の新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーの機能が遅くなってしまいます。本来であれば自然に肌の角質層から少しずつ剥がれおちていく古い角質細胞が肌に残ってしまうため、皮膚が黒ずんでいるように見えてしまうのです。古い角質層の中にはメラノサイトで生成されたメラニンも含まれています。ただし高齢になるとメラニンの生成機能が低下するので、ちくびの黒ずみは薄まってきます。
どちらの考え方にも共通しているのが、ちくびの黒ずみにはメラニンの色素沈着が関係しているといえます。
そして妊娠をきっかけにちくびの黒ずみが気になるようになったという方も少なくありません。
加齢や刺激の原因同様に、妊娠によるちくびの黒ずみもメラニンが関係していると考えられています。
妊娠をきっかけにエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加するのですが、この二つの女性ホルモンがメラニン色素の色素細胞を刺激し、色素沈着が起こりやすくなるのです。
出産後の赤ちゃんへの授乳に備えて赤ちゃんの吸いつく吸引力に負けない肌にするため、メラニン色素の生成を体内で促すよう指令を受けてちくびが黒ずんで見えると考えられています。
そのため、妊娠の際に起こるちくびの黒ずみは一時的で、授乳期間が終われば自然に元の色の戻るケースがほとんどですが、体質によっては元に戻りにくい方もいます。

乳首の黒ずみに効果抜群の美白クリームランキング!