ちくびの黒ずみを気楽に治す方法

乳首の黒ずみで悩んでた女子が美白に挑戦!乳首が黒くて恥ずかしい…

ちくびの黒ずみを気楽に治す方法

ちくびの色はそれぞれの肌色にも関係しており、色黒であればその分黒くなり、色白であればピンク色になるという単純な考え方もあります。
しかし出産や加齢と共に少しずつ黒ずみを帯びてくる場合もあり、これについては単純に肌の色が起因しているとは言えません。
治す方法を考えるにはまず原因を突き止める必要があります。

 

まず一つの原因としては衣服による擦れです。
すねやひじなども怪我をしたり、擦れる事によって黒ずみますが、これと同様にちくびも衣服やブラジャーなどで擦れて黒くなる事があります。
ブラジャーにも様々な素材がありますから、生地が柔らかく擦れにくいものを選ぶというのも治す方法のひとつです。

 

また外部からの力ではなく身体の内部からきている原因もあります。
女性は生理中や妊娠中などにホルモンバランスが大きく変化します。
エストロゲンやプロゲステロンなどが婦人科系のホルモンの代表的存在であり、こういったホルモンが多めに分泌される事でホルモンバランスが崩れます。
そしてこれらのホルモンはメラニン色素に刺激を与えてしまうという特徴があり、メラニン色素が急に多く分泌される事でちくびが黒ずみと帯びてしまうというのも事実です。
こういった事が原因である場合、一定期間を過ぎれば自然と元に戻っていきますが、あまり放置しておくとなかなか元に戻らないという事態にもなり兼ねません。
女性ホルモンは非常にデリケートであり、無理にその分泌量を変えようとすれば身体に不調が現れますが、バランスを保つために出来る対策はたくさんあります。
食生活では大豆やその加工食品を多めに摂取する、眠る時間を増やして身体の疲れをしっかり取り除くなどのちょっとした心がけでもホルモンバランスは正常になっていきます。

 

考えすぎるとストレスになって逆効果という事も考えられます。
まずは原因をはっきりさせて心と体に無理が掛からないよう適切に治す方法を模索するのが一番です。

乳首の黒ずみに効果抜群の美白クリームランキング!