ちくび黒ずみの原因とは?ちくびの黒ずみで悩んでいるなら見て下さい

乳首の黒ずみで悩んでた女子が美白に挑戦!乳首が黒くて恥ずかしい…

ちくびの黒ずみの原因とは?

女性にとって、体の悩みは非常に深刻なものです。また、デリケートな問題であることも多く、他に人には相談しにくい事柄です。たとえば、ちくびの黒ずみについて悩んでいても、他の人には相談できないという方も多いのではないでしょうか。実際同様の問題で悩んでいる女性は多いものの、その中の大半の方が1人で悩みを抱えています。そこで、ここではその原因と解消方法についてお伝えします。
まず、ちくびの黒ずみは、紫外線や外的刺激から真皮を保護するために体内で生成されているメラニンが色素沈着をしていることにより起こります。この原因は、加齢や妊娠・出産によるホルモンバランスの変化などにあります。加齢によって肌の新陳代謝が低下すると、古い角質細胞と一緒にメラニンが残ってしまうため、肌が黒ずんでしまうのです。もっとも、一定の年齢を超えると、メラニンの生成自体が衰えるため、ちくびは黒色からピンク色に変化します。
より確実にちくびの黒ずみを解消する方法としては、皮膚科や美容外科を利用するという方法があります。たとえば、レーザー治療や塗り薬の処方などによって改善が期待できます。もっとも、この場合、一定のお金が必要となります。もう少し費用をかけずに解消したいという方にお勧めなのがセルフマッサージです。たとえば、美白成分を配合した乳液やクリームを使用すると、メラニンの生成を抑えることができます。また、既に生成されてしまったメラニンについては薄くすることができます。より高い効果を求める場合には、黒ずみ専用のクリームやジェルを使用しましょう。ただし、顔に塗るクリームなどではあまり効果がありませんので、体に塗ることのできるクリームを利用しましょう。
また、服と肌が擦れることも黒ずみの1要因となります。傷ついてしまった肌を修復するためにメラニンが放出されるからです。このため、自らの体に合った下着を身に着けるだけでもさらに黒ずんでしまうことを止めることができるのです。

 

ちくびの黒ずみの原因とお手入れの仕方

ちくびは局部などと並んで黒ずみやすい部位で、デリケートな問題だけに多くの女性がこれで悩んでいます。昔からよく「遊んでいる人はちくびが黒い」などと言われますが、医学的には全く根拠がありません。個人差がある問題なので、男性から心無い一言を言われたからといって落ち込む必要も無いのです。とは言え、そのような俗説がまかり通るぐらいですから、コンプレックスになる方も少なくありません。

 

ちくびの黒ずみは主にメラニンによる色素沈着が原因です。歳を取ると肌の新陳代謝(ターンオーバーと言います)は衰え、古い角質やメラニンが残ってしまうのです。しかし、この場合はメラニンの生成自体も衰えてくるので、色素が薄まってピンク色に変化する事もあります。また、妊娠によるホルモンバランスの変化も原因の一つで、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンがメラニンの色素細胞を刺激し、色素沈着が起こりやすくなります。その上、授乳期になると赤ちゃんがちくびを吸引する力に負けないように、肌を保護する役割でメラニンが生成される為、これが原因なります。これは夏の時期の日焼けと同じ原理で、メラニンには紫外線や刺激から肌を守る効果があるのです。この効果が無いと、肌は炎症を起こしたり、水ぶくれになってしまい、細胞を傷付けてしまいます。妊娠や授乳期は経過と共にメラニンによる黒ずみは落ち着いていく傾向にありますが、個人差があり、中には色素が戻りにくい人もいます。

 

ちくびのお手入れには美白成分が配合されたクリームや乳液などを使う方法があります。特に気になる方はドラッグストアなどで専用のケア用品が売られているので、そちらを使ってみるのも良いかもしれません。また、ハイドロキノンやビタミンC誘導体などが配合されていると効果的です。しかし、これらの中には効果が強過ぎるものも存在し、分量や回数を間違えるとかえって悪影響を及ぼすので注意が必要です。必ずパッチテストを行って皮膚に合うかどうか確かめてから使用しましょう。

乳首の黒ずみに効果抜群の美白クリームランキング!