ちくびの黒ずみを薬局の薬で治すことはできるのか

乳首の黒ずみで悩んでた女子が美白に挑戦!乳首が黒くて恥ずかしい…

ちくびの黒ずみを薬局の薬で治すことはできるのか

ちくびの色はピンク色というイメージがありますが、実際には黒ずんでしまうことも多くあります。ちくびの黒ずみの原因としては、加齢や刺激などが考えられていますが、いずれにしてもメラニン色素が沈着することで発生します。加齢では、肌の新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーが低下するため、次第に剥がれ落ちていくはずの古い角質細胞が多く残ってしまい、また刺激では、さまざまな外部からの刺激を受けることで、メラニン色素が過剰に作られてしまうということです。ただし、年齢を重ねても刺激が多く与えても、黒ずみが発生しにくい人もあり、多くの場合には体質によるところが大きいものといえます。
一方で、妊娠がきっかけにちくびが黒ずみが発生するのは、授乳時に赤ちゃんの吸い付く力に負けないように皮膚を強化するためにメラニン色素が発生します。これは一時的なもので授乳期が終われば自然と戻るようですが、戻らないケースもあります。このようなことから、黒ずみが発生するということは皮膚の防衛反応から起こることと言えます。
一方でちくびの黒ずみをコンプレックスと感じる人も多く、薬局やドラッグストアなどで購入できるケア商品も多く販売されています。代表的な薬局で買えるものとしては、ハイドロキノンです。ハイドロキノンはメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制する効果があり、これにより乳首をもとの色に戻す効果がありますが、あくまでもメラニン色素の生成を抑制するため、黒ずみが解消するまでは時間が掛かります。またハイドロキノンは過度に使いすぎると肌の一部が白くなってしまう白斑が発生するため、使用には十分注意する必要があります。
薬局やドラッグストアーなどでは、このハイドロキノンを含んだ化粧品や医薬部外品が多く売られていますが、利用するさいには肌に合うかどうか十分に確認してから行うほうが無難です。なお、ちくびの黒ずみ専用で売られているものは少ないですが、シミ・ソバカス治療の薬で代用することもできます。

乳首の黒ずみに効果抜群の美白クリームランキング!